歯がない方へ

  • TOP > 
  • 歯がない方へ

Denture歯がない方へ~入れ歯やブリッジ治療~

むし歯や歯周病、加齢、ケガなどで歯を失ってしまった場合、そのまま放置しておくと咬み合わせを乱してしまいます。入れ歯やブリッジなどによって、歯の機能を補う治療を行いましょう。

こちらでは佐世保の歯科医院「アキラデンタルオフィス」が行っている入れ歯やブリッジ治療をご紹介します。合わない入れ歯でお困りの方もお気軽にご相談ください。

歯が抜けてしまったら、必ずすぐに治療を受けてください

歯が抜けてしまったら、必ずすぐに治療を受けてください

歯が抜けてしまっても、「別の歯で咬めるから大丈夫」「目立たないから気にしない」……など、放置している方はいらっしゃいませんか? 永久歯は親知らずを入れて、基本28本、人によっては32本あり、上下の歯を咬み合わせることによって、バランスを保っているのです。

歯は1本でも抜けてしまうと、口腔内の均衡が崩れてしまいます。歯並びが乱れたり、しっかり咬めずに消化不良を引き起こしたり、さらには全身の健康に影響を及ぼしたりすることも。健康的な生活を送るためにも、早めに歯科医院を受診するようにしましょう。

ブリッジとは

ブリッジとは

失った歯の機能を補う治療のひとつ、ブリッジ。抜けた歯の両隣にある健康な歯を支えにして、「橋」のように人工の歯をかけわたす治療法です。抜けた歯が1~2本の場合、ブリッジによる治療が可能になります。

入れ歯とは異なり、装着したブリッジを取りはずすことはできません。また、支柱となる歯の状態が悪く、ブリッジを支えられないと治療はできません。なお、レジンを用いたブリッジであれば保険を適用することができます。

ブリッジにするメリットとは

ブリッジでは隣り合う歯を支えとして固定しますが、土台となる歯を削らなければいけません。保険適用のブリッジと自由診療のブリッジを選択することができます。

素材によっては保険が適用され、費用を抑えて治療できる点もメリットです。

ブリッジのデメリットとは

ブリッジでは隣り合う歯を支えとして固定しますが、土台となる歯を削らなければいけません。もともと健康な歯を削るということは、土台の歯の寿命を縮めてしまうリスクもあるのです。
また数本の歯がつながっているため汚れがたまりやすく、周囲の歯を土台にするブリッジは、適応できる症例に限界があります。多くの歯が抜けている場合や、一番奥の歯に対しては適応できません。

むし歯の修復(かぶせもの) (ブリッジ修復)

※ 自由診療は消費税が別途かかります

保険適用 自由診療
名称
(材料)
レジン前装 パラジウム合金 フルジルコニア マルチレイヤード ジルコニア
セラミックス
e-max ナノジルコニア
画像 レジン前装 パラジウム合金 フルジルコニア フルジルコニア ジルコニアセラミックス e-max ナノジルコニア
特徴
  • 表面にはプラスチック、内面から裏面にかけて金属を使用
  • 内面に金属を使用しているため、口の中が若干暗くみえる
  • プラスチックは色を吸収してしまうため、将来的に変色する可能性がある
  • 強度あり(咬合が当たるのはほとんどの場合、金属部分)
  • 銀色の特性から口の中が黒っぽく見える
  • 表面が腐食し溶け出す
  • 金属アレルギーや全身へ影響を及ぼすこともある
  • 金属は汚れがヘバリつきやすいため、むし歯の再発リスクが高まる
  • 歯肉に色がつく
  • 強度あり
  • 歯の10倍の硬さといわれる
  • ジルコニア単体で製作されるオールセラミック
  • 変色は全くない
  • 色調の種類が少ないため、歯の近似色となる
  • ジルコニアフレームは圧縮強さが1,200MPaと強固で大臼歯に適している
  • 歯の3倍の硬さといわれる
  • 透過性がない
  • セラミックは電化をおびていないため、汚れが付きにくいため、むし歯や歯周炎の再発リスクを下げることができる
  • 6層くらい重ねて作るジルコニアで、Z冠よりも透明性がある
  • 単冠、連結、ブリッジ可能(ただし、連結の場合は4歯まで可能、5歯以上は不適合)
  • 奥歯におすすめ
  • 前歯の場合は症例を選ぶ(前歯部単冠ではシェード合わせが難しいが、前歯部隣接歯で4本等では可能)
  • フレーム周辺は圧縮強さが1,200MPa、歯冠周辺は700MPaでe-maxより硬い
  • クリアランスがない7番には不向き
  • 表面はe-max、内面のフレームにはジルコニアを使用
  • 強度はあるが、e-max単体に比べ、マットな色調となる
  • ブリッジに向いている
  • 天然歯に最も近く、透過性にも優れ、美しく仕上げることができる
  • 変色は全くない
  • 強度はエナメル質400MPaと同等で、周囲の歯も傷めない
  • 電化をおびていないため、汚れが付きにくいため、むし歯や歯周炎の再発リスクを下げることができる
  • 人工ダイアモンドと同じジルコニアをベースに、セラミックを築盛して作製する
  • 従来の金属に匹敵する強度があるが、金属不使用なので身体に優しい
  • 非常に安定した強度と審美的治療性、生体親和性を兼ね備えた最高ランクの素材
審美的治療性 変化しやすい 金属色 ★★☆ ★★☆ ★★★ ★★★ ★★★
耐久性 ★★★ ★★☆ ★★★ ★★☆ ★★★
費用 ¥22,000~ ¥13,000~ フルジルコニア
スタンダード
¥195,000~

フルジルコニア
プレミアム
¥255,000~
¥240,000~ ¥450,000~ ステイニング
¥375,000~

レイヤリング
¥435,000~
¥480,000~
補償 3 年
支払  

支払

クレジットカードでもお支払いただけます。
分割払いを希望される場合は、当院提携のデンタルローンがございます。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

入れ歯について

当院における入れ歯の治療

当院における入れ歯の治療

当院の患者様はご高齢の方も多く、入れ歯の治療経験も豊富です。入れ歯には自由診療のものと保険適用のものがあり、それぞれメリット、デメリットがあります。当院では患者様に丁寧に説明して、ご納得いただける入れ歯のご提案を行っています。

入れ歯を快適に使用できているか、違和感や痛みの有無、装着感などの感じ方には個人差があります。当院では患者様との対話を大切にしながら、患者様にご満足いただけるように入れ歯の調整を重ねています。

総入れ歯

上顎と下顎のいずれかのすべての歯を失った場合、あるいは上下すべての歯を失った場合に使用する入れ歯です。総入れ歯では、入れ歯の土台となる「床」を顎の粘膜に吸着させて固定します。

保険適用 自由診療

全てプラスチック

全てプラスチック

  • 保険適用
  • プラスチックで作製
  • 耐久性を持たせるために厚みが必要
  • 違和感が強く、慣れるまではしゃべりにくく、食べにくいことがある
  • 割れたり折れたりしやすい
  • 調整、補修はすぐに可能

¥10,000~

金属床
(コバルトクロム)

金属床(コバルトクロム)

  • 金属なので薄く作ることができる
  • 熱が伝わりやすいので、食事がしやすい
  • プラスチックの入れ歯に比べると、違和感も少ない

¥265,000~

金属床
(チタン)

金属床(チタン)

  • コバルトクロムよりも固いので、さらに薄く作れる
  • 金属アレルギーが起きにくい
    (関節のボルト手術に使う素材)
  • コバルトクロムよりかるい
  • プラスチックの入れ歯に比べると、違和感も少ない

¥365,000~

※表は左右にスクロールして確認することができます。

部分入れ歯

一部の歯を失った場合に使用する入れ歯です。部分入れ歯は、土台となる「床」と入れ歯、固定するための留め具(クラスプ)から構成されます。健康保険が適用される部分入れ歯と、適用されない自費の部分入れ歯があります。

保険適用 自由診療

(プラスチックと金属のクラスプ)

(プラスチックと金属のクラスプ)

  • 保険適用
  • プラスチックで作製
  • 耐久性を持たせるために厚みが必要
  • 金属のバネで支えとなる歯にひっかけるので、金属が見える
  • 支えとなる歯を痛めやすく、健康な歯が抜かなければならない原因となる
  • 調整、補修はすぐに可能

¥5,000~

(ノンクラスプデンチャー・ペリオデンチャー)

(ノンクラスプデンチャー・ペリオデンチャー)

ノンクラスプ

  • 金属を使用せずに柔軟性のある特殊素材で作成するので、アレルギーが起こらない
  • 金属のバネがないので前歯などで使用しても付けていることを気づかれにくい
  • 残っている歯を傷めずに安心して使用できる

ペリオデンチャー

  • 動揺している歯を固定する目的にも使用できるので、歯周病リスクが高い方にお勧め
  • 就寝時にも装着することで、動揺歯が固定される
  • 固定を目的とした義歯のため色調が落ちる
  • メタルバッキングといった裏側を金属で作ると、細かい形状を合わせて作ることが出来て、変形しずらくなり緩むことを抑え、割れにくくなる。
メタルバッキング
1~4歯 ¥135,000 ¥165,000
5~8歯 ¥185,000 ¥215,000
9~11歯 ¥235,000 ¥265,000
12~14歯 ¥285,000 ¥315,000

※表は左右にスクロールして確認することができます。

自由診療

(ミリングデンチャー)

(ミリングデンチャー)

  • 残存している歯に連結した冠(クラウン)をかぶせ、機械的に嵌合(かんごう)する強固な固定が可能な部分床義歯
  • クラスプ(バネ)を使うタイプに比べて揺らぎが少なく、強い力で噛むことができる
ミリングデンチャー外冠(義歯部分) ¥265,000
ミリングデンチャー内冠(補綴部分)
ハイブリッド 1本 ¥85,000
メタルボンド 1本 ¥125,000
ファイバーコア ¥20,000
内冠加工費 補綴物1本につき ¥25,000
パーツ交換 1コ ¥2,000

金属床
(コバルトクロム)

金属床(コバルトクロム)

  • 金属なので薄く作ることができる
  • 熱が伝わりやすいので、食事がしやすい
  • クラスプによる歯への負担が少ない
  • クラスプが目立ちにくい(リップラインで隠れる)

¥195,000

金属床
(チタン)

金属床(チタン)

  • コバルトクロムよりも固いので、さらに薄く作れる
  • 金属アレルギーが起きにくい
    (関節のボルト手術に使う素材)
  • コバルトクロムよりかるい
  • クラスプによる歯への負担が少ない
  • クラスプが目立ちにくい(リップラインで隠れる)

¥265,000

※表は左右にスクロールして確認することができます。

ミリングデンチャー例

残存している歯に連結した冠(クラウン)を被せ、機械的に嵌合 (かんごう)する強固な固定の部分床義歯。クラスプ(バネ) を使うタイプに比べて、揺らぎが少なく、強い力で咬むことが できます。

ミリングデンチャー例

費用   約¥900,000