ブログ・お知らせ

Blog・Newsカウンセリングとカウンセリング資料

カウンセリングとカウンセリング資料

 このウェブサイトにもありますが、当院では通院の初期に患者さんに病態の説明をし、治療方法を提案してまいります。

http://www.akirado.com/first/index.html

(この実際の症例の掲載については患者さんに許可をいただいています。)

カウンセリングとカウンセリング資料

 

 通常の保険診療においても、当院に初来院の患者さんには上記のように資料にしてお渡ししています。(以前より通院されている初診の皆様においては口頭による説明になります)

 このように実際の写真をお渡しし、手元で見ることで、現状を把握し、今後の治療計画の立案について、患者さんの考えが反映されやすくなります。患者の皆様は必ずしも歯科医院の提案を盲目的に受け入れることはなく、治療を「選択」することができます。

カウンセリングとカウンセリング資料

 この患者さんは大幅に咬み合わせ(咬合)がずれていたので、保険診療でマウスピース(スプリント)を作成を提案受諾していただき、治療を始め、咬合を挙上し(咬む高さの底上げ)、ブリッジ治療や部分床義歯の治療を行いました。

カウンセリングとカウンセリング資料

 現在のカウンセリングについて、上記の内容に加えて治療順序まで提案させていただくようにしました。また歯周病のリスクが高い方につきましては、歯周精密検査(歯周ポケットと出血、歯牙の動揺)も記入した資料をお渡ししています。

 

 書き込みすぎて難解な部分もありますし、読む量が多いので大変かもしれません。しかし当院としては懇切丁寧な説明を心がけてまいりますので、ご了承ください。