マウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療内容

  • TOP > 
  • マウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療内容

invisalign装置がみえない矯正、マウスピース型矯正装置(インビザライン)とは?

長崎佐世保市の歯医者「アキラデンタルオフィス」では、マウスピース型矯正装置(インビザライン)を導入しています。すでにアメリカやヨーロッパなど、世界で800万人以上の患者様がこの治療を受けています。

 

当院には、「美しい歯並びにしたいけれど矯正装置が目立つのは嫌だ」という悩みを抱えた患者様が多く訪れます。一般的な矯正歯科ではブラケットやワイヤーを使用しますが、当院のマウスピース型矯正装置(インビザライン)では、透明に近いマウスピースを使用するため、他人に気づかれにくく矯正治療が進みます。

 

マウスピース型矯正装置(インビザライン)では、最新のデジタル技術を駆使し、患者様一人ひとりに合わせた高精度のマウスピースを製作します。マウスピースは、歯並びの移動具合に合わせて段階ごとに交換していきます。歯並びを確認するため通院が必要になりますが、従来の矯正のように複雑な調整が必要ないため通院回数を減らせます。

 

さらに、マウスピース型矯正装置(インビザライン)では矯正後の歯並びをコンピューターの画像でシミュレーションできます。立体的な画像でわかりやすく、最初のカウンセリングで矯正後の結果を患者様に確認して頂けます。

 

メリットの多い「マウスピース型矯正装置(インビザライン)」

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、気軽にはじめられる矯正として魅力的な治療法ですが、その反面しっかりとご自身での管理も必要となってきます。こちらでは、メリットとデメリットについていくつかご紹介いたします。

  • メリット1 :まわりにバレない矯正装置

    マウスピースはほぼ透明です。従来のブラケットやワイヤーと比較すると目立ちにくいものです。大人から子どもまで治療のストレスがとても少なく、会話などのコミュニケーションを阻むことも少ないでしょう

  • メリット2:治療中の痛みやトラブルが少ない

    少しずつ歯を動かしながら歯並びを矯正していくため、それほど痛みは感じません。
    マウスピースを取り外して歯磨きもでき、むし歯になるリスクを抑えられます。

  • メリット3:自由に食事が楽しめる

    食事をするときは、マウスピースを取り外します。
    硬い食べ物でも、自由に食べることができ、いつも通りの歯みがきもできるため、清潔な口の中を保つことができます。

  • メリット4:面接や結婚式、演奏も問題なし

    面接や結婚式などの大切なイベントはもちろん、楽器の演奏などの趣味やイベントに応じて、矯正しているところを見せたくない場面では、マウスピースを取り外しできます。

  • デメリット1:自己管理が必要

    マウスピース型矯正装置(インビザライン)の取り外しを自己管理で行うため、モチベーションを保ち清潔に維持することが大切です。

  • デメリット2:なかなか矯正が進まない

    一度マウスピース型矯正装置(インビザライン)を取り外してしまうと、その間は歯が動きません。取り外す時間が長いほど、矯正期間が進まないため、治療の結果は患者様のライフスタイルによって変化があります。

このような患者様にマウスピース型矯正装置(インビザライン)はおすすめです

歯の見た目が気になる方、他人の視線が気になる方

見た目に対する意識が高い、他人の視線が気になる方

「美しい歯並びにしたい」誰でもそう思う機会はありますよね? しかし、矯正装置の見た目や治療期間の長さから、なかなか矯正治療に踏み切れずにいる方も多いはずです。しかし、マウスピース型矯正装置(インビザライン)なら、そのような悩みを軽くできます。最新のデジタル技術で、精度の高いマウスピースを製作し、スピーディーに矯正が進みます。しかも、マウスピースはほぼ透明で、取り外しが自由です。従来のワイヤーやブラケットの矯正とは違い、マウスピースを装着しても、まわりの目を気にすることはありません。

金属アレルギーや金属アレルギーの疑いがある方

金属アレルギーや金属アレルギーの疑いがある方

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、金属を使用しない矯正治療です。唾液には金属を溶かす作用があり、歯科用の金属素材でも金属アレルギーが起こる場合があります。アレルギーが起こると口内炎や皮膚炎など全身症状を引き起こすリスクもあり、原因となる金属を除去しなければいけません。当然、金属アレルギーの方は、金属素材のワイヤーやブラケットを使用した矯正治療ができません。その点、マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、金属アレルギーを心配する必要がなく、安心して治療ができます。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)を正しく保管し、自己管理ができる方

マウスピース型矯正装置(インビザライン)を正しく保管し、自己管理ができる方

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は手軽な反面、治療の進み具合は患者様次第になります。長時間取り外したり装着し忘れたりすると、矯正治療が計画通りに進まなくなってしまいます。また、マウスピースのお手入れも重要です。使用後は、洗浄剤につけ、ブラッシングするなどして清潔に保ちます。使用しないときは、マウスピースが壊れないように専用のケースに入れて保管してください。

PICK UP!お子様の矯正にも最適なマウスピース型矯正装置(インビザライン)

お子様の矯正にも最適なマウスピース型矯正装置(インビザライン)

子どもたちの気になる歯並びを治すにはインビザライン・ファースト®を使用します。

インビザライン・ファースト®は透明で目立たないアライナー(マウスピース型の矯正装置)を使用し 歯牙を移動、乳歯から永久歯に生え替わるためのスペースの確保を行います(最高18ヶ月まで)。
生え替わりのスペースの確保のための顎の幅の側方拡大のみならず、前後双方向に歯牙を移動することもできるので、審美的に美しい結果が従来の床型の矯正装置よりも早く出やすいと言えるでしょう。
お子さまたちが使用しているアライナーが永久歯の萌出(生え替わり)によって、適合が悪くなった場合でも、口腔内スキャンiTero5Dを使用し、ただちに再スキャン・アライナー製作に入ることが可能です(製作期間は2〜3週間程度・無料)。

治療のゴールは18ヶ月で前歯部8本の歯列不正の改善と側方歯群の萌出スペースの確保とします。
第1期インビザライン・ファースト-コンプリヘンシブパッケージ®の治療が終了し、経過観察となりますが、お子様の成長に伴い、新たに上顎下顎の前後的な位置関係や咬み合わせや歯並びに問題が出てきて、治療が新たに必要な場合は第2期治療としてインビザライン・ファースト-コンプリヘンシブフェーズ2パッケージ®を行い、矯正治療を進める場合があります(5年間保証・別途費用・¥300,000-税別)。

歯科用スキャナー「iTero5D」とマウスピース型矯正装置(インビザライン)

歯科用スキャナー「iTero5D」とマウスピース型矯正装置(インビザライン)

当院では
iTero5Dを導入しています

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は歯型をとりますが、「歯型をとるのが苦手」という方が多いはずです。

 

確かに従来は歯型をとるためにシリコン素材をお口に入れ、苦しい思いをしなくてはなりませんでした。しかし、当院は違います。歯型をとる負担を軽くするために、光学スキャナーを導入し、お口に入れるだけで、スピーディーにスキャンした画像を確認でき、さらに歯型までとることができます。
また、矯正後にどのくらい歯が動くのかをシュミュレーションできるため、患者様自身も視覚的にわかりやすいものです。

症例紹介

症例紹介
症例紹介
症例紹介
症例紹介
症例紹介
症例紹介
症例紹介
症例紹介
症例紹介
症例紹介
症例紹介
症例紹介
症例紹介
症例紹介
症例紹介
症例紹介
症例紹介
症例紹介
症例紹介
症例紹介
症例紹介
症例紹介
症例紹介
症例紹介
インビザラインファースト
-コンプリヘンシブパッケージ- 第1期治療
(アライナー回数無制限 治療期間18ヶ月)
治療期間 14週間(約3ヶ月)
初期費用 上顎・下顎アライナーセット¥450,000- (税別)
事前検査 ①セファロ・CT撮影 ¥30,000- (税別)
事前検査②咬合検査(必要性に応じて)¥30,000- (税別)
再診1回
(2~3ヶ月に1回程度)
¥5,000-(税別)
アライナー装置のフィットのチェック・調整、スキャン
X線写真撮影、口腔内写真撮影など
希望によりクリーニング ¥2,000- (税別)
矯正後の保定装置 vivera®リテーナー(3セットでの提供)¥80,000- (税別)

※完成物薬機法対象外(薬機法未承認)の矯正歯科装置(医薬品)であり、承認医薬品を対象とする医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

費用について

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療は保険治療対象外となり自費診療となります。

インビザライン®コンプリヘンシブパッケージ

5年間治療期間保証のアライナー回数無制限パック(セットまでの製作期間約3週間)

初期費用 ¥750,000- (税別)

インビザライン®ライトパッケージ

14回パッケージ(セットまでの製作期間約3週間)
*主に前歯部のみを少しでも良く治す治療です。

初期費用 ¥400,000- (税別)

第1期インビザライン・ファースト-コンプリヘンシブパッケージ®(小児・学童期)

乳歯のみ、または乳歯と永久歯が混在する小児期における18ヶ月までのアライナー治療。

初期費用 上顎・下顎インビザライン・アライナーセット¥450,000- (税別)

第2期インビザライン・ファースト-コンプリヘンシブフェーズ2パッケージ®

第1期インビザライン ・ファーストを終了後、経過観察を行い、さらなる審美性と機能性の獲得の必要性がある場合に新たに矯正治療を進める場合があります。(5年間保証)。

初期費用 ¥300,000- (税別)

事前検査①

セファロ・CT撮影 ¥30,000-(税別)

事前検査②

咬合検査 ¥30,000- (税別)

再診1回(2〜3ヶ月)

※アライナーの確認・スキャン・チェック、口腔内写真撮影、エックス線撮影など ¥5,000 (税別)

矯正後の保定装置

vivera®リテーナー(3セットでの提供) ¥80,000-(税別)
お支払い方法
現金一括でのお支払い

クレジットカード一括でのお支払い

デンタルローンでのお支払い

※詳細はお気軽にお問い合わせください

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の疑問にお答えします!

Q

治療期間はどれくらいかかりますか?

A

平均的な治療期間は1~3年程度です。治療期間中は定期的に通院いただく必要がございます。また、治療期間に別の症状(むし歯等)で歯を削る必要がある場合は、治療期間が長くなるケースもあります。

Q

矯正の痛みは、どのくらいですか?

A

痛みの感じ方には個人差がありますが、痛みは少ないといわれています。ただ、マウスピースを装着するとき、歯を動かすために力がかかるため、圧迫感や窮屈感を感じるかもしれません。

Q

マウスピース型矯正装置(インビザライン)を装着しても、普段通りの会話ができますか?

A

マウスピース型矯正装置(インビザライン)に慣れるまでは、正しく発音するのが難しいかもしれません。ただ、数日すれば特に問題なく会話ができます。

Q

マウスピース型矯正装置(インビザライン)に年齢制限はありますか?

A

幅広い世代に対応しております。お子様の場合、成長に合わせた治療計画を行っております。お気軽に当院へご相談ください。

Q

マウスピース型矯正装置(インビザライン)を検討していますが、本当に効果はありますか?

A

近年、マウスピース型矯正装置(インビザライン)は子どもから大人まで一般的に行う矯正となってきています。
親がその効果を実感し、子どもにも治療させることも多いです。また、当院ではカウンセリングを実施しておりますので
実物を見ていただき、費用のご相談やお悩みなどお気軽にお問い合わせください。